「太陽のマテ茶」新TVCM!三浦知良選手が語る”マテ茶リアルストーリー”

カズさん

2014年6月14日より放映開始
太陽がくれたお茶「太陽のマテ茶」新TVCM
サッカーワールドカップブラジル大会親善大使
三浦知良選手が語る”マテ茶リアルストーリー”

今回の新TVCMでは、このほどサッカーワールドカップブラジル大会親善大使に任命された三浦選手を起用。三浦選手は、15歳のときに単身サッカーの本場ブラジルに留学し、ブラジルでの経験が大変豊富だ。そして、マテ茶は、主にブラジル・アルゼンチン・パラグアイなどで愛用されてる南米の国民的飲料。今回TVCMでは、ブラジル時代によく飲んでいたという「マテ茶の思い出」を語った。

太陽の光がさんさんと注ぐ、テラス席で三浦選手がブラジル時代に飲んでいたマテ茶の思い出やすっきりとした後味のマテ茶と相性が良いブラジル代表料理「シュラスコ」、いつまでたっても変わらないサッカーに対する熱い気持ちについて語る、ドキュメンタリータッチの仕上がりに。ブラジルで過ごした日々をなつかしむ、やわらかい表情の三浦選手が出演する新TVCM、ぜひチェックしてみて。

【CMストーリー展開】
① カズ×32年前×マテ茶編
よく晴れた日、新緑に囲まれた行きつけのブラジルレストランのテラスで「太陽のマテ茶」を手に取る三浦選手の話から始まる。
ブラジルに行くまではマテ茶を飲んだことがなかったという三浦選手。今ではマテ茶独特の香りや味が好きだという。「太陽のマテ茶」を飲み、「どんな食べ物にも合うし、おいしい」とひとこと。32年前にブラジルで過ごした懐かしい日々をリラックスした様子で語る三浦選手が印象的な「カズ×32年前×マテ茶編」。

② カズ×シュラスコ×マテ茶編
ブラジルを代表する料理シュラスコをを豪快に焼くシーンからスタート。くしに刺さった肉が三浦選手の前に運ばれ、手慣れた様子でトングで肉を取る。おいしそうに肉を頬張る三浦選手。「太陽のマテ茶」を飲み、口に残る肉の味をさっぱりさせ、「肉、マテ茶、肉、マテ茶。飲むサラダ、いいね!」


【放映期間】
2014年6月14日(土)〜 全国にて
*「太陽のマテ茶」オフィシャルサイトでは、TVCM本編とTVCMでは語り切れなかったロングムービーの視聴が可能


【太陽のマテ茶とは】
2012年の発売以来、人気の無糖茶ブランド。2014年4月にポリフェノール・ミネラル入りでリニューアルし、パッケージも刷新した。(*ミネラルとは、ナトリウム、カリウム、マンガンをさす)


〈問い合わせ〉
コカ・コーラお客様相談室
TeL 0120-308509



LINEで送る

Top