市川海老蔵の新たな挑戦『 GRAND JAPAN THEATER』製作を発表(11/26)

main

羽田空港国際線ターミナル内にあるTIAT SKY HALL(ティアットスカイホール)にて、 『市川海老蔵 GRAND JAPAN THEATER』の製作発表記者会見が行われました。

この公演は、 2016年2月東京Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに、 NHK大阪ホール、フジャイラ(UAE)、 ニューヨークにて上演されます。
今最も注目を集める歌舞伎俳優の一人である、 市川海老蔵。
歌舞伎の魅力を伝えるべく、 2012年から「古典への誘(いざな)い」、 2014年からは「JAPAN THEATER」と題した公演も企画。 自らが魅せる歌舞伎だけでなく、 能・狂言・落語など、 日本が誇る伝統芸能を楽しんでいただきたいと、 魅力ある演目を全国各地で上演し、 年間約3万人の観客を動員してきました。
「JAPAN THEATER」は日本を飛び出し、 2014年、 2015年とシンガポールで公演を行い、 大成功を収めました。
そして2016年。 「GRAND JAPAN THEATER」と銘打ち、 海老蔵さんの新たな挑戦が始まります。

今回は、 市川海老蔵さんが「新歌舞伎十八番の内」に名を連ねる歌舞伎舞踊の名作「春興鏡獅子」に挑みます。
気品のある女方である小姓弥生と、 荒々しく勇壮華麗な獅子の精という対照的な役を踊り分ける大曲です。
「春興鏡獅子」のほか、 五穀豊穣を祈る神聖な舞である、 狂言「三番三」、 源頼光と土蜘蛛の戦いを荘重かつ劇的に描く、 能「土蜘蛛」を同時に上演。
海老蔵さんが敬愛する能楽師大鼓方・人間国宝の亀井忠雄が特別出演するなど、 「GRAND JAPAN THEATER」の名にふさわしい、 日本の伝統芸能をたっぷり堪能できる重厚な舞台となるでしょう。

≪本人コメント≫
来年2・3月、「GRAND JAPAN THEATER」と題し、東京・大阪、そして、UAEのフジャイラ、ニューヨークへとお伺いすることになりました。
フジャイラでは文化交流をテーマとし、 日本文化を体感していただけるよう勤めさせていただきます。
東京・大阪で上演します狂言の「三番三」(大阪公演は「三番叟」)、お能の「土蜘蛛」、 そして私が勤めます「春興鏡獅子」はニューヨーク・カーネギーホール公演へと繋がってまいります。
音楽の殿堂であるカーネギーホールで、 演劇性を持った演目が上演されるのは初めてとのこと、より一層、気が引き締まる思いです。 能楽界の第一線で活躍される先生方など、 共演くださるみなさまも非常に豪華です。
今の時代だからこそ、海外の方にも、そして日本の皆さまにも、歌舞伎という芸能を、日本の持つ文化の素晴らしさを、観て、 触れて、感じていただきたいと思っています。

【演目】
一、 狂言『三番三』
二、 能『土蜘蛛』
三、 新歌舞伎十八番の内『春興鏡獅子』

【東京公演出演者】
市川海老蔵/梅若紀彰、 観世喜正、 茂山逸平、 亀井広忠/亀井忠雄(特別出演)

【東京公演詳細】
日程:2016年2月1日(月)16:00開演、 2日(火)11:30開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール
料金: S席11,000円/A席8,500円(全席指定・税込)
問合せ:Zen-A(ゼンエイ) TEL03-3538-2300[平日11:00~19:00]
※チケット好評発売中!


LINEで送る

Top