グラフィックアーティスト・イラストレーター「STEREOTENNIS」個展開催(2/5~28)

中目黒のギャラリーVOILLDでは2月5日(金)より、ステレオテニス(STEREOTENNIS)の個展「WHAT EVER」を開催。




ステレオテニスは、グラフィックアートやイラストレーションを中心に、テキスタイルデザイン、フォトディレクション、映像表現など様々なメディアを駆使し精力的に創作活動をしている。バブルやアメリカンカルチャー、テクノ、アイドル、ニューウェイブといった、現代にも多大な影響を与えている80年代という色濃い時代を土台にサンプリングし、独自の作品を制作。デジャブのような感覚と、見たことのない新鮮さという相反する感覚を同時に抱かせ、白昼夢のような不思議な刺激を与える。

今回の個展では、ステレオテニスが拠点としている東京をはじめ、ニューヨーク、インド、香港へ訪れた際に感じた開放感や様々な価値観をヒントに、今までのステレオテニスという概念を見つめ直し、新たに挑戦した手法を中心に作品が制作された。

80年代の系譜そのものを今に表現しているステレオテニスの視点を覗き見ながら、新たに広がった世界観を堪能できる機会。本展では、ポスターをはじめ、フォトペイント、スクリーンプリントを施した平面作品などの新作約20点を展示予定。会場では展示作品をはじめ、オリジナルグッズも販売。

「STEREOTENNIS exhibition “WHAT EVER”」
会期:2016年2月5日(金)~2月28日(日)
会場:VOILLD(ボイルド)東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台B1F
Tel:03-6416-3972
時間:水木金 12:00〜20:00|土日 12:00〜18:00 *月・火曜日休廊
入場料:無料
URL:http://www.voilld.com

【オープニングパーティー開催!】
2月5日(金) 18:00~21:00
作家が在廊。
*誰でも参加可能

【アーティストプロフィール】
STEREOTENNIS / ステレオテニス
グラフィックアーティスト・イラストレーター。
80年代にインスパイアされ、各所でデザインやグラフィックワークを提供。ノスタルジックな雰囲気を彷彿とさせながら、それらをアップデートして新しく現代に落としこむイラストやデザインが特徴。近年の主な仕事に、ドラマ「怪奇恋愛作戦」(テレビ東京)、NIGO®プロデュースアイドル「BILLIE IDLE」アートワーク担当、PARCO広告などがある。
自身のイラストを活かしたグラフィックデザインでディレクションも行いジャンルの枠にとらわれず幅広く活動地中。また自身のデザインをプロダクトに落とし込んだ商品を扱うウェブショップも人気。


LINEで送る

関連記事

Top