LAでも話題のサンタクルーズ発、実力派コーヒーロースター「ヴァーブ コーヒー ロースターズ」が日本初上陸(4/15)

IMG_0013

有限会社コンテンポラリープランニングセンターはアメリカカリフォルニア州サンタクルーズに本店をおく人気コーヒーロースターVERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒー ロースターズ)と日本初上陸となるヴァーヴ コーヒー ロースターズ日本一号店を4月15日、新宿の新名所、JR新宿駅新南口NEWoMan SHINJUKU内にオープンします。
2月29日、本国から共同創業者の一人コルビー・バア氏が来日し、青山にてプレス向けイベントが開催されました。

ヴァーヴ コーヒー ロースターズは2007年に音楽大学の同級生であったコルビーとライアンによって創業されました。世界中から高品質なコーヒー豆を直接買い付け丁寧な方法で焙煎・抽出するだけでなく、彼らの最大の特徴はサンタクルーズという街から発信されるリアル・カリフォルニア・ライフスタイルです。
サンタクルーズはアメリカのサーフカルチャーの発祥の地とも言われており、アウトドアスポーツも盛んで自然豊かな街です。同時に世界を牽引するテックシティ、シリコンバレーまで車で30分という特殊な立地により、最先端技術とアクティブなスピリッツが掛け合わされた、まさに現在のリアルなカリフォルニアを象徴するコーヒーブランドとしてカリフォルニア中が注目しています。
そんな彼らの勢いはサンタクルーズを飛び出し、2015年にはロサンゼルスに同時に3店舗を展開し脚光をあびました。中でもハリウッドとサンタモニカの中間地点にあるメルローズ店は多くのハリウッドセレブも常連の人気店になりました。
そんなヴァーヴ コーヒー ロースターズが次なるステップとして選んだ舞台は東京。ブランドとして9店舗目になるショップをこの春誕生する新宿の新名所、JR 新宿駅新南口NEWoMan SHINJUKU 内にオープンさせます。
今、アメリカで最も勢いのあるコーヒーロースター、ヴァーヴ コーヒー ロースターズが提案するコーヒーと、それを軸にしたリアル・カリフォルニア・ライフスタイルにご期待ください。

プレス向けセミナーのなかでコルビー氏は東京への出店について、東京では品質やサービスが優れていてライフスタイルに重きを置いている人がおおい、そんな東京でのプロジェクトを実現したかった、と述べました。

その後の試飲では3種類のストレートコーヒーと2種類のブレンドコーヒーが供されましたが、どれも特徴のある香りと味わいで、産地によってこれほど違うのかと改めて感じさせられました。
近年、コーヒー市場を席巻しているサードウェーブコーヒー。ヴァーヴ コーヒー ロースターズはそのライフスタイル提案とあわせハイセンスな人々の支持を得ていくでしょう。

VERVE COFFEE ROASTERS SHIMJUKU STATION
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F エキソト
8:00-22:00
定休日なし
席数 13
禁煙
オフィシャルサイト 






LINEで送る

関連記事

Top