F-ABRIC 2016 FREITAGのアパレルラインのルックが公開

01_F-ABRIC_Group_Table_ACamenisch_RGB_HighRes

昨年FREITAGが発表したアパレル、F-ABRICの新作デリバリーが開始され、ルックも公開。アパレルの発売をして1年が経ち、今回幅広いラインナップでアパレルを発売する運びに。
F-ABRICが発売されてまだ1年ほどです。この生分解可能で無毒な生地に厄介な食品添加物のようなE番号が付けられていた理由は非常に単純です。単にクオリティーと管理可能で安定した製造工程だけでなく、何よりも、短い輸送距離と最低限の資源を使用しているからです。また、 F-ABRICが製造されるヨーロッパ(Europe)の頭文字からも来ています。F-ABRICは手元に届くまでに地球を三周しなくてもいいのです。
例えば新作のF-ABRICジャケットに使用されている亜麻は、ノルマンディ地方の農協で生成されています。そして生地は、ロンバルディア州にある 織工場で作られ、ポーランドのシレジアで縫製しています。
F-ABRICのEの品番が付いているアイテムは、世界中のクリエイティブな仕事をする人々が朝から晩まで長時間着られるようになるまで、すべて FREITAGの本社から2500km圏内で作られています。また、Eの品番が付いているアイテムは100%堆肥可能なため、EUのモットーである「多様性と分解性を持って団結する」に紐づいているのです。



LINEで送る

関連記事

Top