イラストレーター・喜多村なめろう初個展、池尻大橋・RE studioにて開催(6/17-19)

イラストレーター・喜多村なめろうが、6月17日(金)から19(日)まで、 池尻大橋・RE studioにて、初の個展を開催する。




モノトーンのみで表現された、アメコミ風タッチが特徴の ”喜多村なめろう”が描く、漫画のようなストーリーになった原画を展示・販売。
今回は一見、絵も内容もキャッチーだが、 絶妙な仕草や角度を意識して、ありそうでなかった”喜多村なめろう”らしい作品に。


【STORY】
「ヒゲ男の悪党アイアンの泥臭く悲惨な末路を描く物語」と 「アイアンが、小悪魔ファニーの虜になってしまう美しくピュアな物語」。
本個展に合わせて書き下ろされた漫画「GAZANDO」を通して体感することで、対極にある二つの物語を不思議なまとまりを持った一つの 世界として感じて頂。 満を持しての“喜多村なめろう”による初個展。

『なめろう展』
2016年6月17日(金) 18-22時
2016年6月18日(土) 12-22時
2016年6月19日(日) 12-22時
入場料¥500 (特典:GAZANDO1巻付き(漫画))

【会場】
RE studio
東京都目黒区大橋2-6-14
03-6804-7852

*原画に加え、作家本人プロデュースによるTシャツや トートバッグなどのグッズ販売や、土日には、 数量限定で、パンやレモネードなどの販売。


【プロフィール】
イラストレーター
喜多村 なめろう
1990年8月29日生まれ 立川市出身 A型 乙女座
キャッチコピー 真夜中のとっつぁんボーイ
幼少期にアメコミに魅了され、思春期に昭和のカルチャーに感化される。2015年9月よりイラストレーターとして活動を開始。色は一切使わず、あえて黒だけを使用する事によりキャラクターの愛嬌、 躍動感、インパクトを出す事を持ち味としている。同年11月には、MANUAL主催の「MANUAL SK8 RESTAURANT」とコラボ。ウェイトレスとスケートボードをテーマにアメコミのテイストでデザイン。今回自身初の個展に挑戦。


LINEで送る

関連記事

Top