アディダスがユヴェントスのポール・ポグバ選手とパートナーシップ契約、コラボ写真プロジェクトを実施

adidasは、ユヴェントス所属のミッドフィルダー、ポール・ポグバ選手と長期にわたるパートナーシップを結び、今回最新のコラボレーションとなる写真プロジェクトを行いました。



ドイツ人写真家のユルゲン・テラーによってポートレートやスチールを混在させるかたちでアイコニック プレーヤーを記録し、出版物のコレクションとして独占公開後、UEFA EURO 2016開催期間中にショーケース及び限定誌「Zine」で、パリでのデビューを飾りました。

現代のフットボール界における活躍に目が離せないプレーヤーである、フランス生まれのポール・ポグバは、ピッチの内外でも人々の注目と称賛を集める存在です。電撃的、早熟、さらに一目でそれと分かる強烈な髪型の若きミッドフィールダーは、ユヴェントスに籍を置く人気のスター選手であり、<モダン・ヒーロー=現代の英雄>としてまさしく<アイコニック プレーヤー>へと上り詰めようとしています。

UEFA EURO 2016がフランスで開催されるのは、前回1984年より実に32年ぶり、三度目となる今年6月に、ドイツ人写真家(フォトグラファー)のユルゲン・テラーを含め、すべての人々の視線が人気絶頂のポール・ポグバへと集まっています。アディダスは、アスリートたちとそのファンの間に生まれる動的なエネルギー、そして熱いつながりをとらえるべく、ポール・ポグバと旅路を共にするという仕事をテラーに依頼し、同大会への期待感が高まっていく中、ポートレートやスチールを混在させるかたちでアイコニック プレーヤーを記録してきました。その結果、21世紀のフットボール界においてダイナミックかつエキサイティングなパーソナリティとされるプレーヤーの生々しく、親密なポートレート — さらにアート、ファッション、そしてスポーツの稀に見る融合を目にすることとなったのです。

この度テラーが撮影した写真の数々は、出版物のコレクションとして独占公開されますが、UEFA EURO 2016開催期間中には、ショーケース及び限定誌「Zine」で、パリでのデビューを飾る予定です。

今回の写真プロジェクトは、ポール・ポグバとアディダスによる最新のコラボレーションとなるもので、同社では2016年3月、この23歳のスター選手と長期にわたるパートナー関係を結んだばかりです。ポール・ポグバ自身の当時の発言をここに引用:「今回、初めてスポンサー契約にサインした訳だけど、自分にとって非常に重要な決断となったよ。アディダスを選んだ理由は、お互いに情熱と価値観を共有しているから。ピッチ内外関係なく、アディダスと自分の間には同じヴァイブ(オーラ、雰囲気)を感じている。音楽、ダンス、ファッションは大好きだけど、自分にとって最大の情熱はフットボールだし、自己表現と新たなフロンティアを探るためのスペースを与えてくれるブランドを求めていたんだ。アディダスこそ、自分と同じ目標を持つパートナーだと思っている。」

ポール・ポグバとアディダスが共同プロデュースした製品を含むコラボレーションの筆頭を飾るのは、彼にとって初のシグネチャースパイクとなる、シューレースを持たない(レースレスの)ACE16+ PURECONTROLモデルで、ポール・ポグバお気に入りのブラックとゴールドの二色をデザインしています。ごく限られた数しか作られないこの特製スパイクは、プレーヤー自身へと独占的に贈られる予定です。マットブラックのアッパーにゴールドのソールプレート、そしてアイコニックなスリーストライプスのディテールもゴールドでまとめたスパイク — そのインソールにはアディダスとポグバのパートナーシップの核心へと語りかけてくる特別なメッセージ「I’m Here to Create.」が記されています。」

フットボール選手としてのキャリアをスタートして間もない頃から「マーヴェリック(異端児)」として知られてきました。フランス国内のクラブ、ル・アーブルACから登場したアイコニックなミッドフィールダーは、飛躍的成長を遂げることとなります。ユヴェントスに移籍してからのポール・ポグバは、リーグ優勝を3回にわたって獲得、国内カップのトロフィーも3個獲得、2013年FIFA U-20ワールドカップでは自身が所属する代表チームの優勝に貢献し、2014年FIFAワールドカップでは最優秀若手選手賞を獲得する活躍ぶりは目覚ましく、2015年には国際プロサッカー選手会の「ベストイレブン」にもその名を連ねるに至りました。

弱冠23歳のポール・ポグバは、見事な体格、圧巻のテクニック、そしてピッチ上で自らを駆り立てるバランス感覚を兼ね備えています。ドリブルのテクニックに加えて、彼の身体の大きさそのものが対戦相手を圧倒します。ユヴェントスのシステムにおいても、この精力的なミッドフィールダーは、チームに欠かせない不屈のエンジンとなって、驚異的なパス範囲はもちろん、瞬時のボールコントロールからゴールを生み出す能力を誇っているのです。

ユルゲン・テラーは、その世代では最も広く知られ、深い影響力を持つ写真家(フォトグラファー)のひとりです。クールで無愛想、インフォーマルな(形式にこだわらない)ポイント・アンド・シュート(オートフォーカス)のスタイルで知られるテラーは、現代生活における率直さと陳腐な部分の両方をその写真の中にとらえてみせます。世界有数のギャラリーに作品が飾られるアート・フォトグラファーとして尊敬を集めるだけでなく、「Wマガジン」、「ヴォーグ・パリ」、「032C」、及び「システム」等のバラエティに富んだ出版物への寄稿者としても知られるテラーは、その独特の美意識とともに『コンテンポラリー・レジェンド=現代の伝説』と呼ぶにふさわしい存在です。また、熱心なフットボールファンとしてバイエルン・ミュンヘン及びドイツ代表チームの両方に忠誠を誓うサポーターでもあり、フットボールに焦点を絞った数多くの記事や書物を出版しています。



LINEで送る

関連記事

Top