スイスのバッグブランド「FREITAG」が、エキシビション『F-TOWN』開催!カードケースが作れるWSも(〜8/28)

チューリッヒのバッグブランド、FREITAGのFundamental lineによるエキシビション『F-TOWN』が7月28日(木)からパスザバトン表参道店で開催中だ。


期間は8月28日(日)まで。

マーカスとダニエルのフライターグ兄弟によって生まれた「FREITAG」。1993年、商業ディスプレイやグラフィックデザインの世界で、それぞれに活躍していたフライターグ兄弟は、機能性と防水性に優れた丈夫なバッグを創ろうと画策。

兄弟は、当時彼らが住んでいたチューリッヒ市内のアパートの目の前にあったフリーウェイの分岐点を往来する色とりどりのトラックにインスパイアされ、使い古されたトラックタープ(幌)、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使ったメッセンジャーバッグを、運転免許を持たない彼ら自身のために創り出した。ひとつひとつがユニークなフライターグの初代のメッセンジャーバッグは、こうして彼らのアパートのリビングで産声をあげたのだ。

エキシビション『F-TOWN』では、V30のタワーが乱立し、FREITAGの持つストーリーはもちろん、その世界観もさまざまな角度から味わえる空間を提案。また東京では待望の「F-AKER(フェイカー)」のスペシャルイベントも開催される。

スイスのアップサイクルブランドとして、今なお世界に愛されるFREITAG。
そのデザインと世界観をぜひ楽しんで。


『F-TOWN』
会期:7月28日(木)〜8月28日(日)
会場:PASS THE BATON GALLERY(パスザバトン表参道店内)
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F
Tel:03-6447-0707
時間:11:00~21:00(日祝は11:00~20:00)



<Special Event>
FREITAG_F-TOWN_image2

FREITAGのカバン作りの工程を小さなカードケースの作成を通じて体験のできるスペシャルワークショップ。
実際にタープ(幌)から好きな部分を選んで、切り取り、組み立て、自分だけのカードケースを作成できる。

▲「F-AKER(フェイカー)」
日時:8月20日(土) 17:00〜20:00、8月21日(日) 13:00〜16:00/17:00〜20:00
場所:PASS THE BATON GALLERY
参加費:無料


【FREITAG ─フライターグ─】
フライターグは1993年よりトラックタープ(幌)・リサイクリング・バッグ産業を自ら切り開き、マーケットを牽引するスイスのバッグブランド。モノのリインカーネーション(再生)を願いつつ、一つのコンテクストからそこに在るものを題材にし、また別のコンテクストへとつくり変えている。それがフライターグの言うrecontextualizing/リコンテクスチュアライジング。毎年トラックの列約108km分のタープがチューリッヒの工場でハンドカットされ、約40のバイクメッセンジャーにインスパイアされた実証済みのファンダメンタルラインと
言葉でメッセージを届けた往年の作家やジャーナリストたちにインスパイアされたいくつかのレファレンスラインのバッグがつくられている。


LINEで送る

関連記事

Top