デザイナー芦田多恵デビュー25周年ドキュメンタリーを俳優の齊藤工さんが監督。予告編公開。

saitosan_mono_trim

各界の著名人やセレブリティを顧客に持ち日本を代表するデザイナーとしてエレガントでモダンなスタイルを提案し続ける
TAE ASHIDA のデザイナー芦田多恵が今秋デビュー25周年を迎え、この節目にあたりデザイナー芦田多恵を約1年にわたり追い続けたドキュメンタリーショートフィルムを俳優の齊藤工氏が監督しました このショートフィルムは“TAE ASHIDA 2017 春夏コレクション”が発表される10月17日(月)にTAE ASHIDA オフィシャルサイトにて同日公開されます。



メゾン創立50年以上のヒストリーを持つ日本でも唯一無二のアトリエの姿
生地の選択からデザインが生まれる瞬間 仮縫いなどを経てコレクションが完成していく過程そしてコレクションの舞台裏……
齊藤工監督の感性と美意識を通して描かれる芦田多恵の徹底した「ものづくり」の世界をぜひご覧ください。

齊藤工監督作品
Embellir(アンベリール)
本編/10月17日 11:00a.m.(GMT 2:00)公開予定
www.jun-ashida.co.jp/ta/jp/embellir

齊藤工監督のコメント
TAE ASHIDA25周年のドキュメントを私が担当させていただくことは “偶然”で始まり“必然”に着地しそうです 自社生産メゾンを守り続けお針子さんをはじめ職人方と膝を突き合わせながら多恵さんがデッサンから製品に仕上げていくプロセスは ファストファッション全盛の現代にこそ残すべき作品になると信じています。






LINEで送る

関連記事

Top