『KENZO×H&M コレクション』発売を記念し、KENZOクリエイティブディレクター キャロル・リム、ウンベルト・リオンが来日(11/1)

2016年11月3日(木)より『KENZO×H&M コレクション』を世界各地の250を越えるH&Mの限定店舗およびオンラインストアにて発売します。(H&M原宿、銀座、渋谷、新宿、名古屋松坂屋、心斎橋、オンラインストアにて展開)

発売を記念してKENZOのクリエイティブディレクターであるウンベルト・リオン(Humberto Leon)(以下:ウンベルト)とキャロル・リム(Carol Lim)(以下:キャロル)、H&Mクリエイティブ・アドバイザー アン・ソフィー・ヨハンソン(Ann Sofie Johansson)を日本に迎え、H&M本社にてカンファレンスが行われました。

◆KENZO×H&M コラボレーションの経緯・参加を決意した理由と今回のコラボレーション企画で期待する事はありますか?

キャロル:「H&Mから2年前にオファーがあり、とにかくワクワクしていました。私達にとっては、ストーリーを伝える事が大切だと思っています。
KENZOの50年間の歴史もありますし、今回のコラボレーション企画を通してKENZOというブランドを今まで知らなかった人にも知ってもらえる機会だと思い、コラボレーションさせて頂きました。」

ウンベルト:「いつも僕達は、新しいプラットフォームで何か新しいアイディアを開拓しようと考えています。今回のコラボレーション企画では、新しいチャレンジが出来る機会になりました。」

◆今回のコレクションは、アーカイブをアップデートしているアイテムが多いですよね?

ウンベルト:「今回のコレクションでは、高田賢三氏のアーカイブを現代風にアレンジしたコレクションになっています。
キャロルもアジア系アメリカ人なので、高田賢三氏が単身でパリに行き、ブランドを開拓したという功績を讃え、尊敬しています。
それが今回のコレクションに全て表れています。」

◆オススメのアイテムを教えてください。

ウンベルト:「コレクターアイテムとするなら、300mのリボンを使用したリボンドレスです。高田賢三氏が、2着しか作ってないアイテムをアーカイブしたものになります。今回のコレクションを発表した時に、坂本龍一さんに着て頂いたリバーシブルのキモノコート、4つのパターンが楽しめるロングジャケットもキーアイテムとなります。
高田賢三氏が、1980年代のキャンペーンで使用したジャンプスーツのアーカイブもおすすめです。」

キャロル:「高田賢三氏の洋服作りは、とても丁寧です。今回のコレクションは、高田賢三氏の洋服作りに影響を受け、リバーシブルアイテムの裏も表も、とても丁寧に作られています。
その中でも、時間の無い時でも同じ洋服を裏返すだけでパーティにも出掛けられるワンピースがおすすめです。」

◆最後にファンの方にメッセージをお願いします。

ウンベルト:「オンラインでは、伝えきれない凄くディテールにこだわっている部分が沢山あります。
例えば、Tシャツにビーズ刺繍のタイガーをデザインしているのですがオンラインの写真では、プリントに見えるかもしれないですね。
こだわりのディテールを、是非手に取って見てみて下さい。」

キャロル:「まずは、オンラインで全てのアイテムをチェックしてみて下さい。
全てのアイテムをチェックして、自分の持ってる洋服に合わせてアイテムを選び、ファッションを楽しんで下さい!
お友達も喜んでくれると思いますよ。」

『KENZO×H&M コレクション』は、2016年11月3日(木)AM9時からオンラインストアでも購入出来ます。
-H&M公式オンラインストア-







LINEで送る

関連記事

Top