68年ぶりの大接近!今年最大の満月(スーパームーン)を森タワー屋上で観察しよう(11/14)

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューが主催する「六本木天文クラブ」では、11月14日(月)に、2016年最大の満月をみる観察会『普段よりちょっと大きな満月を愛でる会』を開催する。




今回は、68年ぶりに月が地球に約35.7万kmの距離まで近づく。月が地球に最接近するタイミングと満月のタイミングが重なることで1年のうちで最も大きく見える満月が、近年占星術に由来し、“スーパームーン”と呼ばれ注目されている。月は地球の周囲を公転しているが、実はその軌道は楕円形。そのため、満月になるタイミングによって、地球との距離が変化。今回の満月は、もっとも遠いところに月がある時に比べて、面積にして約3割大きく見える。実感としてどれくらい違うのか、天文の専門家“星のソムリエ®”である泉水せんすい朋寛氏の解説とともにちょっと特別な満月を楽しめる。

海抜270m、都内随一の高さを誇る屋外展望台「スカイデッキ」は、360度遮るものがなく、周囲を広く見渡すことのできる絶好の観察スポット!
ぜひ、14日はスカイデッキでスーパームーンを見てみよう!

【開催概要】
日時:11月14日(月)19:00~21:00
*月が地球に約35.7万kmまで最接近するのは20時21分
場所:森タワー屋上「スカイデッキ」
料金:無料 *ただしスカイデッキまでの入場料(一般2,300円)が必要
一般参加方法:参加自由


LINEで送る

関連記事

Top