CHRISTIAN DADAがパリメンズファッションウィークで2018SSを発表

CHRISTIAN DADAは6月23日、パレ・ド・トーキョにてSpring/Summer2018コレクション”LOSING POWER”を発表した。




現代の消費社会のLOSING POWERの意味を問う今季コレクション。
フランスのストリートアーティストZevsのLIQUIDATION(液状化)作品から部分的に着想を得ながらも液状化されたドリッピングのイメージはデザイナー森川マサノリの独特なダダイズム解釈で再構築される。

多様な技術で溶けゆく様子を表現したファブリックやモチーフは創造的であると同時に破滅的でもあり現代社会のほころびや崩壊に対する森川ならではのアート表現ともいえ、パンク精神を思い起こさせる反逆的な姿勢をクチュールレベルに押し上げていく。

コレクション中にふんだんに散りばめられたLIQUIDATION/ドリッピングのイメージは西洋の洋服という形状に東洋の繊細さやを細やかに落とし込みCHRISTIAN DADAの得意とするジャガード、刺繍、またコットングレンチェックの生地をブリーチすることでクラシックな形状の中に新たなアプローチを加えた形に。

ベージュのニットトップを始め、全体をビーズとチェーンで覆われたパンツは全て手作業で製作され、ハワイ現地の日本人職人がデザインしプリントにおこした花の溶けたアロハ柄、江戸末期を代表する浮世絵師歌川国芳の作品を液状化させ、サテン生地に大胆に刺繍で施したスーベニアジャケット等クオリティの高さと本物への徹底的なこだわりは素材やスタイル、全てにおいて網羅されている。

されに随所に盛り込まれた日本の文化背景。ジャガードの甚平スタイルのボンバージャケットを始めそれぞれのバッチを水溶性の生地で重ね、あえて水で溶かすことで独特の表情を作り出す贅沢な刺繍パッチワークのアイテムは日本のボロ着を連想させながらも別の角度からの液状化のアプローチを表現している。

森川のコアルーツでもある不完全性への美学はブランドの定番アイテムでもあるレザージャケットに顔料を重ねることであえて経年劣化の印象を持たせるクラックレザーで表現され、くたびれた表情の中にも奥深い味を出すための生地表現には奄美大島の本泥染を採用しこだわりの深さがうかがえる。

公式サイト▶︎



LINEで送る

関連記事

Top