スイスを代表するブランド「BALLY」が初のカフェ 『BALLY CAFE』をオープン(9/30-10/9)

image002

株式会社バリー・ジャパンは、2017年9月30日(土)〜10月9日(月・祝)の期間限定でBALLY 銀座店2Fにて世界で唯一、初のBALLY CAFEをオープンする。

『BALLY CAFE』は、NYを代表するラッパー・音楽プロデューサーのSWIZZ BEATZをプロデューサーに迎えたコラボーションコレクションの世界観を体感できるカフェとなっている。
コレクションのデザイナーである、カラフルな作品が特徴のグラフィックアーティストRICARDO CAVOLOが描いた個性豊かなキャラクターたちが迎えてくれる。
カフェ店内は、テーマである“Free Spirit Jungle”からインスピレーションを受けた内装デザインはジャングルを想起させる植物とRICARDOが描くキャラクター、近未来的なネオンの光が融合した、フォトジェニックな空間となっている。
内装を手掛けたのは「plantica」の華道家・木村貴史氏、提供メニューは、マーサーカフェがプロデュースしており、ここでしか楽しむことのできない特別な空間でオリジナルメニューを提供する。

コラボレーションコレクション『BALLY COLLECTIVE – SWIZZ BEATZ-』
グラミー賞受賞アーティストであるSWIZZ BEATZをプロデューサーに迎えたコラボレーションコレクション。アートディエクターには、スペイン出身のグラフィックアーティストRICARDO CAVOLOを起用。遊び心満載なクリエイティブで、ストリート色の強い個性的なアイテムが目を引くコレクションとなっております。
また発売日である27日、Swizz BeatzがBallyのためにキュレーションを行ったプレイリストをBALLY.comと音楽アプリSpotifyにて配信予定。


プロデューサー

Swizz Beatz portrait.png

Swizz Beatz portrait.png

SWIZZ BEATZ
スウィズ・ビーツは世界的に活躍をするグラミー賞に輝いた音楽プロデューサー。
現在はハーバード・ビジネススクールでオーナー経営者向けマネージメント学ぶ一面もある企業家です。

アートディレクター
Ricardo Cavolo portrait.jpeg

Ricardo Cavolo portrait.jpeg

RICARDO CAVOLO

スペイン出身のグラフィックアーティスト。力強い色彩での表現を得意とし、伝統的なモチーフ、タトゥー、ヨーロッパの宗教画など様々な背景を融合させシンプルなスタイルで描くアーティストです。



店舗概要
■タイトル: BALLY CAFE
■期間  :2017年9月30日(土)〜10月9日(月/祝)
■時間  :11:00~20:00
■場所  :BALLY 銀座店 2F (〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1)
■席数  :18席
■電話番号:03-6364-5471





LINEで送る

関連記事

Top