写真家 中谷吉隆氏が60年以上撮り続けてきた〈新宿〉の集大成、「蠢く街 新宿 What 1955-2017」(3/20~4/9)

中谷吉隆写真展

株式会社ニコンイメージングジャパンが、写真展会場「THE GALLERY」にて、中谷吉隆写真展「蠢く街 新宿 What 1955-2017」を新宿と大阪にて開催する。新宿会場は3月20日(火)から。

「大都会東京の中でも新宿はたえず何かが蠢(うごめ)き、じっとせずに変貌し続けている。
整然としたビル群と喧騒と猥雑感が描くコントラスト。
人間の欲望を煽りたてるスリルと刺激」

報道、スポーツ、フォト俳句など多彩な写真分野で活躍してきた写真家 中谷吉隆氏が1955年から2017年まで60年以上撮影し続けた「新宿」の集大成となる写真展。新宿THE GALLERY 1+2では、2018年3月20日(火)~4月9日(月)まで、大阪 THE GALLERYでは2018年4月19日(木)~5月9日(水)まで。


【中谷吉隆(なかたに よしたか)】
1937年 広島市生まれ。1957年 東京写真短期大学(現東京工芸大学)写真技術科卒業。東京新聞社出版写真部を経て1960年フリーランスとなる。ルポルタージュ、人物、風景、スポーツ写真、フォト俳句などを手掛ける。「東洋と西洋の間」「黒の墓標」「牛込神楽坂は、いま」「フォト俳句~極楽のアート展」などの写真展、写真集多数。県美展などの写真コンテスト審査。フォト俳句の選者を数多く務める。公益社団法人日本写真家協会名誉会員。一般社団法人日本スポーツプレス協会名誉会員。全日本写真連盟関東本部委員。各種写真教室講師。俳号・龍子。

THE GALLERY企画展
中谷吉隆写真展 「蠢く街 新宿 What 1955-2017」
会場:新宿 THE GALLERY 1+2/大阪 THE GALLERY
期間:
新宿 2018年3月20日(火)~4月9日(月)
大阪 2018年4月19日(木)~5月9日(水)
時間:10時30分~18時30分
(日曜、5月3日(木・祝)~5日(土・祝)休館/最終日は15時まで)

【THE GALLERY】
2017年7月に新宿、2017年8月に大阪に開設された、写真文化の普及・向上を目的とする写真展示場。ニコンの最新機材を用いて著名な写真家が制作した質の高い作品などを展示する企画展の他、ニッコールクラブ会員展、写真団体展を展示。


LINEで送る

関連記事

Top