【寺田倉庫】 建築倉庫ミュージアムがリニューアル!近代建築の巨匠〈ル・コルビュジエ〉の展覧会開催(5/26~7/16)

ル・コルビュジエ

寺田倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムが、2018年5月26日(土)から7月16日(月・祝)まで、企画展「ル・コルビュジエ / チャンディガール展 -創造とコンテクスト-」を開催。

建築倉庫ミュージアムが、国内唯一の建築模型に特化した展示施設で今回リニューアルして初の企画展開催となる。

本展覧会は、近代建築の巨匠と言われるル・コルビュジエのチャンディガールでの作品群から、彼のクリエイションとその土地ならではの要素の関係を考察。貴重な建築資料や模型、オリジナルスケッチや油彩画、リトグラフなどの美術作品に加えて、写真家ホンマタカシがチャンディガールで撮影した写真や映像作品を紹介、多種にわたる展示から、ル・コルビュジエの精神を感じられるような内容となっている。

見どころは、油彩画「牡牛 XVIII」と詩画集「二つの間に」の展示や、1/100のスケールで再現されたキャピトル・コンプレックス、写真家ホンマタカシがインドに足を運び撮影した「チャンディガール」シリーズの写真と映像作品。

ル・コルビュジエ 牡牛 XVIII 1959年 所蔵 大成建設株式会社

▲ ル・コルビュジエ 牡牛 XVIII 1959年 所蔵 大成建設株式会社

【開催概要】
展覧会名:ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト-
Le Corbusier / Chandigarh -Creation and Context-
会期:2018年5月26日(土)~7月16日(月・祝)
会場:建築倉庫ミュージアム(〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10)
開館時間:火~日 11時~19時(最終入館18時) 月曜休館(祝日の場合、 翌火曜休館)
入場料:一般 3,000 円、 大学生/専門学校生 2,000円、 高校生以下 1,000 円
主催:建築倉庫ミュージアム
監修:
加藤道夫(東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授)
千葉学(建築家 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
企画:東京大学大学院工学系研究科建築学専千葉学研究室
会場設計:
東京大学大学院工学系研究科建築学専千葉学研究室
吉田昌平(建築家 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻研究員)
展覧会アドヴァイザリー:鈴木布美子
展覧会企画協力:アート&パブリック株式会社
協賛:CASAMATTA/ BIBI GRAETZ、 株式会社 東京スタデオ、 株式会社 フレームマン、 株式会社 脇プロセス
特別協力:大成建設株式会社
協力:Centre Canadien d’Architecture、 Echelle-1、 Fondation Le Corbusier、 GALLERY-SIGN、 TARO NASU

【建築倉庫ミュージアムについて】
建築倉庫ミュージアムは東京・天王洲にある建築模型に特化した国内唯一の展示施設。建築模型を広く一般に公開する『ミュージアム』であるだけでなく、 模型専門の『保存』機能をもつ、 新しいかたちのミュージアム。2017年末からの一時休館を経て、 本展覧会がリニューアル後初の企画展となる。


LINEで送る

関連記事

Top