イラストレーター雪下まゆによるユニセックスストリートブランド「SAY HEY KID」がデビュー

logo01

アーティストのCDジャケットやアパレル企業へのイラスト提供等で活躍をするイラストレーター雪下まゆが筆頭となり、自身による描き起こしグラフィックを落とし込んだストリートファッションブランド「SEY HEY KID」が2018AWシーズンよりデビュー。
Print
「no one knows no one」をシーズンテーマとし、雪下がセレクトした海外映画「13日の金曜日」「ヘルレイザー」「アメリカン・サイコ」など計5作品に登場する脇役に関するワンシーンをグラフィックとしてファッションアイテムに落とし込んでいる。
また、今回のブランドスタートに伴い、5月18日から原宿にあるセレクトショップ CANNABISのギャラリースペースにて受注販売会が開催となり、衣類の他にもグラフィックにて使われた同様のアート作品も購入可能となっている。
※アート作品に関しましては各1点のみの販売となります。

SAY HEY KID 2018AW 展示販売会
日程:2018年5月18日~20日 12:00~20:00
会場:CANNABIS TOKYO
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-17-24 GBビル 3F

SAYHEYKID 2018AWシーズンヴィジュアルでは写真家 小見山 峻、スタイリスト 渕上 カン等、気鋭クリエイターを起用し映画のワンシーンをオマージュした作品に仕上がっておりぜひ、こちらにも注目を。

■プロジェクトメンバー

雪下まゆ イラストレーター/画家
多摩美術大学GD科卒業
ジャケットアートワーク、雑誌、展覧会、ライブペイントなどで活躍中。最近の仕事では、国府達矢「ロックブッダ」アルバムアートワーク等。今回よりスタートする「SEY HEY KID」では油画などグラフィックデザインだけでなくトータルのディレクションも行なっている。

ハヤカワ五味 経営者/株式会社ウツワ代表
多摩美術大学GD科卒業
大学在学中にfeast、Double Chacaといった課題解決型アパレルブランドを複数立ち上げ、デザインから運営までを手掛ける。2018年2月にはラフォーレ原宿に初の実店舗をオープン。現在は経営に専念している。

小田雄太 アートディレクター/COMPOUND inc.代表
多摩美術大学GD科卒業
コム・デ・ギャルソン「noir kei ninomiya」グラフィックワークやdiskunionリブランディング、国府達矢「ロックブッダ」、けもの「めたるもシティ」などファッションや音楽のデザインを手掛ける一方で、ニュースメディア「NewsPicks」UI/CI開発やPanasonic100周年事業「100BANCH」VI・サイン計画など、領域を横断するデザイン活動をしている。

■問い合わせ
株式会社ウツワ
mail:[email protected]




LINEで送る

関連記事

Top