メンズブランドprasthana(プラスターナ)の2019SSのLOOKが完成

これまで同様、特定のシーズンテーマは設けず構成した2019 Spring / Summer Collection。




今季のキーアイテムは、撥水生地と止水ファスナーを採用したシルエットが魅力的なフーデットコート、「残響」というキーワードをレイヤードデザインで表現したセットアップや、14ozセルヴィッチデニム生地にレザー職人の手作業によるレザーパッチを縫い付けたスリムシルエットのデニムパンツ、シャツ、ヘアバンドにはprasthana本来のサンスクリット表記によるロゴを刺繍し、見応えあるコレクションを展開している。
ブランド設立時より大事にしているブラック、スモーキーなグレートーンに加えマスタード・レッド・ブルーなどのカラーをキーカラーとして取り入れている。

《prasthana》

Designer:Daisuke Takei / 武井 大輔
都市生活におけるリアルクローズとしての機能と、既成概念に捉われないデザイン性の融合、というコンセプトの基に2015-16FWシーズンより展開をスタート。
デザイナー自身が多大な影響を受けた90年代のストリートカルチャーとそれに付随するサブカルチャー、 2000年以降のモードの要素をアイデンティティーに、歴史をリスペクトしつつ、prasthanaのフィルターを通した表現方法、あくまでもリアルクローズとしてのクリーンで都会的なファッションを提案する。

STAFF CREDIT
styling : Tomoya Yagi
photograph : Riki Yamada
hairmake : HORI
model : Tony Harak



LINEで送る

関連記事

Top