柴咲コウ 自身初となるアパレルブランドをプロデュース 『MES VACANCES(ミ ヴァコンス)』発表記者会見(10/11)

_MG_2483

レトロワグラース株式会社(本社所在地:東京都港区 代表取締役:柴咲コウ)は、柴咲コウが企画、デザイン、販売に至るまで全てをプロデュースする、自身初となるアパレルブランド「MES VACANCES(ミ ヴァコンス)」の発表記者会見を2018年10月11日(木)、EDGEof TOKYOにて開催。

「MES VACANCES」はファッションや自然保護に関心が高い大人の女性をメインターゲットに、忙しい現代女性のライフスタイルにフィットしつつ、自然環境にも配慮した「着る人に優しい服」をメインコンセプトに展開。


Q.MES VACANCESのブランドを立ち上げた経緯は?
(柴咲コウさん)今年で芸能活動を20周年を迎え、映画やドラマ、アーティストとしての音楽活動を通じて今まで多くの方や、”モノ創り”に関わらせていただきました。私のライフスタイルで大切にしている『サステナブル(持続可能な)』に焦点をおいたクリエイターとしても活動していけるのではないかと思い、この度ブランドを立ち上げました。
私が起業をした理由は、地球環境を考えると消費活動そのものをマイナスに捉えてしまう。でも消費活動を減らしても経済で考えればマイナス。その矛盾を見直しながらポジティブに変換して、そしてその考えを提案する側になりたいと思ったからです。
パーソナルな部分だと東京生まれ東京育ちですが、小さいころから自然に興味があった事と19歳の時に母を乳がんで亡くしたのが大きなきっかけですね。母の病気は何が原因だったのか?とすごく、すごく考えました。それから「衣食住」に関わることに注目していて、昨年9月にはレトルト食品『LTG FOODS』を発売開始しました。

Q.MES VACANCESのコンセプトとは?
『サステナブル(持続可能な) 』で『優しい服』というコンセプトで原料や素材、生産背景にこだわっています。そして環境に優しいだけではなく、ファッション性を兼ね備えているところが特長です。また自宅でお洗濯できたり、ケアも簡単で長く着られるようにと、素材選びも工夫しました。

Q.「旅をするように暮らす」というキーワードもありますが具体的にはどう言った意味でしょうか?
私は人生は旅だと思っています。1つの課題がクリアしてもまた新たな課題ができて…なかなかゴールには辿り着かないけれど、それが旅の途中、人生のようだなと。そして実際、仕事でも長距離移動が多いので、移動の時に着心地がいいものを作りたいという気持ちもありました。

Q.柴咲さんが「PREMIUM ECONFORT 」という言葉を創られたということですが、どのような意味が込められていますか?
エコロジカル(自然や環境と調和)とコンフォート(安心感/快適)を合わせて「エコンフォート」という言葉を創りました。自然と調和しつつ、心地よい、少しプレミアムなデザイン性の高いお洋服を提案できればと思っています。

10年着用したジーンズのお尻に穴が空いても「まだ着れる!」(柴咲コウ)
Q.お洋服などは長く愛用されるとお伺いしましたが?
中学生の時に買ったTシャツは15年ぐらい着ていました。あと以前ツアーで地方に行った時、ヘアメイクさんからジーンズのお
尻の部分が破れて、パンツが見えていることを指摘されました(笑)。10年以上履いていたジーンズだったので、「よくもった
な」という思いと「やってしまった・・・」という恥ずかしい気持ちの両方でした(笑)。でもお気に入りのジーンズなので破
れた部分にワッペンなどつけてまた着たいと思っています。


また、オーガニック素材にこだわった「MES VACANCES」の商品は、現時点のラインナップだと全てご家庭での洗濯が可能との事。
本当の家庭のエコにもこだわったアイテムは今後働く女性を中心のスタンダードアイテムになっていくかもしれない。


MES VACANCES(ミ ヴァコンス)とは

『旅をするように暮らす』『サステナブルで優しい服』をテーマに 肌に優しく、身体への締め付けが少なく、洗練された美しい服。実用的で、お手入れが簡単な服。購入することで社会貢献ができる服。MES VACANCESとは、そんな願いを叶えるブランドです。



LINEで送る

Top