クラフト焼酎と鹿児島料理が楽しめる『どん薩摩』が、東京・丸の内ビルにオープン

20314

クラフト焼酎と鹿児島料理が楽しめる『どん薩摩』が、東京・丸の内ビルの6階に10月25日にオープン。鹿児島に6店舗、東京に2店舗、かごっまふるさと屋台村にも店舗を持つ株式会社ネバーランドが運営し、鹿児島全土から厳選した旬の食材を集めたメニューをご用意します。

かごんまのさすん(刺身)は、どん薩摩一押しの長島の茶ぶり、茶たいはもちろん、キビナゴ、薩摩地鶏のあぶり刺しなどを提供します。茶ぶりとは、杜仲茶を配合した餌で育てたブリのブランド。臭みがなく養殖なのに天然ブリのような脂ののりでポリフェノール率が高く鮮度抜群。
20323
郷土料理には、屋久島飛魚の自家製さつまあげ、枕崎直送のかつをの腹皮焼き、南洲黒豚バラや、長島茶ぶりの温泉水しゃぶしゃぶなどをご用意。名物料理の2日間も煮込んだ茶ぶり大根など美味しくて見た目にも楽しいメニューがラインナップします。また、それぞれの食材の良さをいいとこ取りしたコース(3500 円~)も7種類あります。
20318
クラフト焼酎は常備50種類、焼酎マイスターが厳選した鹿児島県各地域のものを揃え、鹿児島県姶良市の白金酒造と造り出した「どん薩摩」オリジナル焼酎 “13(サーティーン)” は焼酎ファンにも人気。
20332
また、「どん薩摩」は、鹿児島の生産者とお客さまをつなげる鹿児島の情報発信基地として季節毎に地元の生産者や酒蔵を巻き込んでのイベント開催も予定しているとのこと。
店舗の入口は、どん!とお出迎えする半切りされた焼酎蔵で実際に使われていた木桶蒸留機と、クラフト焼酎と記された大きな提灯が目印。「どん薩摩」は、丸の内ビル6階から新しいかごっまの風をお届けします!ディナーだけではなく、ランチ営業もしているので、皆さんも是非足をはこんでみて。


~どん薩摩~
住 所: 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル6F
アクセス: JR東京駅 丸の内口 徒歩2分
営業時間: 11:00~15:00、17:00~23:00
定休日: ※施設に準じる
客単価 :昼1000円/夜4500円
電 話: 03-6256-0404
坪数席数: 30坪 53席




LINEで送る

関連記事

Top