MOONSTARがイラストレーターToyamegとのコラボによるブランドヘリテージや職人のクラフトマンシップにフォーカスを当てたアート展示イベント開催(11/19-12/16)

toyameg

株式会社ムーンスターは2018年11月19日(月)~12月16日(日)の期間、イラストレーター Toyameg(トーヤメグ)とのコラボによるブランドのヘリテージや自社が誇る職人によるクラフトマンシップにフォーカスを当てたアート展示イベントを総合旗艦店でもある『MOONSTAR Factory Ginza』にて開催。


本展示イベントはMOONSTAR初の総合旗艦店でもある『MOONSTAR Factory Ginza』のオープンに伴い企画をされた第一弾イベントとなり、ブランド発祥の地でもある久留米工場にて培われてきた歴史や文化、代々継承される職人による伝統技術、ハンドクラフトをテーマとした、イラストレーター Toyameg描き下ろしのアート作品展示を行います。また本イベントを通して来場者にMOONSTARが145年の歴史の中で培ってきたものづくりや紡いできた歴史を共有する事で新たな価値を生み出していくことを考えているとのこと。

■開催概要

期間 : 2018年11月19日~12月16日
時間 : 11:00~20:00
会場 : 東京都中央区銀座3-4-18 (MOONSTAR Factory Ginza 1F)
WEB :

■展示内容

裁断_ソール型抜き145年の歴史を持つMOONSTARでは靴のラスト製作から出荷まですべての工程を自社工場にて行っております。各工程で熟練の技術を持った職人が手作業で製造しており、今回の展示ではそういったMOONSTARが誇る職人 クラフトマンシップ、ハンドクラフト技術、加えて職人自身のキャラクター性にフォーカスし、イラストレーターToyamegによる描き下ろし イラストとして展示を致します。各職人には担当する工程にそった動きや技術、 たまたそれによっての筋肉の付き方など個性があり、MOONSTARの靴の製造過程にはそれぞれの工程の数だけ職人が存在し、それぞれの職人の数だけこだわりのクラフトマンシップが存在しております。そんな職人たちによって機械に頼らずハンドクラフトで仕上げられ温かみのあるMOONSTARブランドの世界観を皆様に知って頂けたらと思います。

■展示作品紹介(一部)

【裁断】超A型、几帳面な裁断名人
ガッチャン、ガッチャン。これは大判の素材から中敷(インソー ル)やソールなどを型抜きする音。かすかに音のテンポが不規則な理由は、人の手によって裁断されているからなんです。 型を押しつけて裁断するので、生地を潰してシルエットが変形しないよう均一に力を加えるのがポイント。一回 裁断でくり抜けるのは、わずか数枚! 美しいシルエットを作り出すために、几帳面な裁断職人がひたすらに神経を研ぎ澄ましています。

【縫製】オートクチュール並みの縫製士
縫製は、ルックスの完成度に大きく関わる肝心要のプロセス。 機械では調整できないディテール部分まで目を光らせ、手作業でパーツを縫い合わせていきます。やっぱり縫い糸もデザインの一つ。織りネームや鳩目などの左右内外の均一性はもちろん、ステッチの糸の太さ、そのラインも美しくなければ! 一度じっくり、スニーカーに足を入れる際に縫い目を感じてみて。スッと心地良いアンクル部分の肌馴染み 、緻密な縫い合わせによる賜物です。

■コラボアーティスト紹介

Toyameg / トーヤメグ
福岡在住 イラストレーター。 POPだけどどこか毒のあるイラストが特徴的でミュージシャンのCDジャケットやグッズ、雑誌やアパレルブランドへのイラスト提供など幅広く活動中。

■MOONSTAR Factory Ginza とは

『MOONSTAR Factory Ginza』は子どもから大人まで日本製を中心にMOONSTARブランドで展開する幅広いラインナップの商品を、新たな形で紹介・販売します。また、商品の販売だけでなく、MOONSTARブランドのものづくりに触れ、足や靴に関する情報を発信する拠点と位置付け、様々な体験を提供していきます。
【1階】
日本製中心の商品を展示・販売。当社の「靴作りに対する姿勢」と「一足一足に込めた想い」を感じて頂ける場として、今後様々な催しの開催を予定しています。
【2階】 ベビー、ジュニア、メンズ、ウィメンズ商品を幅広く展示・販売。経営理念である“すべての人々の「笑顔」と「しあわせ」のために”を体現すべく、豊富なライナップを紹介します。 またこのフロアではフィッティングを行い、ご自身のサイズを知った上で店内設置タブレット等から注文、ご希望の住所へ商品をお届けします。




LINEで送る

関連記事

Top