世界初!!「ファッション×エネルギー」の新たなムーブメントが始動

028A9365

世界でもユニークなコラボレーション、「ファッション×エネルギー」が始動します。

地球環境を持続させるため、世界では主流となっている再生可能エネルギー。Apple、Google、 Facebookなど、先端企業の発電や電力切り替えはとっくにワールドスタンダードですが、日本では電力自由化がやっと2年半前に実現し、実際に電力を切り替えたのは人口の約1割という現状です。
そこで、日本社会において初であり、最先端なこの取り組みに、カリスマ3ブランド「UNDERCOVER」、「nonnative」、「BAL」が乗り出しました。
「UNDERCOVER」、「nonnative」はそれぞれシンプルに、例えば「選択するのはあなた」といった、ポジティブなメッセージが込められたTシャツを。「BAL」は今回の主旨に賛同し、予々交流があり、NEW YORKを 拠点に世界的活躍を続けるJose Parla(ホセ・パルラ)*との、久しぶりとなるコラボ・ロンTを用意。 普段は手を組まない3ブランドが、「電力をいち早く切り替えた」という共通項で、それぞれに記念のスペシャル デザイン商品を発表し、さらにそれを、ZOZOTOWNにて限定販売します。
実は、ZOZOTOWNがこだわり続ける地元千葉県には、世界最先端であり、日本の未来をも救うかもしれない発電所、千葉エコ・エネルギーの「ソーラーシェアリング」があります。ZOZOTOWNには千葉をテーマにしたショップ『ZOZOTOWN×CHIBA』があり、そのショップにて、今回の3ブランドのスペシャルなTシャツを限定販売します。 この限定Tシャツを介して、エネルギーを実際に切り替えたお客さまには、千葉エコ・エネルギーがソーラーシェアリングを実施する農地で採った農作物でつくった、美味しい加工品がプレゼントとして贈られます。つまり今回の試みで、エネルギーを通じた地産地消、持続可能な循環型社会が実現するのです。 BALが発表したロンTの両腕部分には、Jose Parlaによって描かれた言葉が配われており、そこには「Be Aware of Your Existing Freedom」とあり、「すでに持っているあなたの自由(権利)を認識しろ」というメッセージを送ってくれています。

ZOZO TOWN特設ページ:
みんな電力特設ページ:

*1973年マイアミ生まれ。サバンナ美術大学とニューワールド・スクール・オブ・アーツでペインティングを学び、現在はブルックリンを 拠点に活動しています。これまで国内外での様々なパブリック・プロジェクトに取り組んできていますが、近年ではニューヨークのワン・ ワールド・センターのロビーに設置された約27メートルの大規模な壁画や、バークレーセンター(ブルックリン)の壁画、第11回ハ バナ・ビエンナーレでのフランス人アーティストJRとのコラボレーションプロジェクトなどが大きな話題となりました。パルラはジャクソン・ポ ロックやジョアン・ミッチェルのようなアメリカの抽象表現主義の系譜を引き継ぐ作家として世界的な注目を集めており、国際社会に おけるアイデンティ、マイグレーション、イマジネーションなどをテーマにした大型作品を中心に活動しています。


LINEで送る

関連記事

Top