「フレンチ割烹」の開拓者、巨匠ドミニク・コルビ氏が鹿児島県霧島市の豊かな食材使った9日間限定の特別ディナーをコルビ氏のカウンター割烹の新店で開催

鹿児島県霧島市は、「フレンチ割烹」の開拓者で巨匠、ドミニク・コルビ氏と共同で、同氏が絶賛する地元の“ブランド食材”を使ったディナーを提供するフェアを、2019年3月1日から9日の期間限定で初開催します。





開催場所は、コルビ氏が2月12日に東京・新橋 西口にオープンしたばかりの「フレンチ割烹 ドミニク・コルビ 新橋」です。カウンター割烹のスタイルで、コルビ氏がお客様の目の前で料理の腕を振るいます。

フェアのおまかせコースでは、霧島産の25種類以上の食材をふんだんに使った、9日間しか味わえない至極のディナーをお楽しみいただけます。使用するのは「黒豚」や「しいたけ」「有機抹茶」など、コルビ氏が「日本全国の食材を使っているが、霧島の食材は味が強くて美味しい」と絶賛する食材ばかり。産地直送の新鮮な食材に合わせた調理法で、コルビ氏が素材の魅力を存分に引き出します。

霧島市は今年初めて、食にまつわる産品や活動を「ゲンセン霧島」としてブランド認定する取り組みを開始。日本各地の優れた食材を海外視点で長年探求し続けるコルビ氏は、ブランド認定の審査員に加わり、現在アンバサダーとしてその取組を支援しています。
コルビ氏は今回のディナーで、「ゲンセン霧島」のブランド食材を中心に、黒酢や味噌といった調味料も使いながら、フレンチ割烹を作り上げます。霧島の食材をよく知る巨匠が、今回のためだけに考案する“霧島キュイジーヌ”を是非、ご賞味ください。

ゲンセン霧島とは~
霧島の「食」の発信を目的に、産品・サービス部門、取組・活動部門で認定。天孫降臨の地で、水や温泉がわき出る「源」の地であることから、「源泉」と「厳選」をかけています。運営は産学官組織「霧島ガストロノミー推進協議会」

ドミニクコルビ氏とは~
ドミニク・コルビ氏は、仏・パリのグランメゾン「ラ・トゥール・ダルジャン」の副料理長として活躍していた当時(1994年)、若干28歳の若さで、東京店の総料理長に抜擢されて来日します。来日2日目の寿司屋でカウンタースタイルを知り、食べ歩く中で、豊かな食材と出汁、調味料といった日本独自の食文化に魅了されていきます。
東京店の総料理長等を通じて、食通をうならせてきた彼が、来日から21年後(2015年)、東京・荒木町に「フレンチ割烹」の看板を掲げます。自らもてなす割烹スタイルで提供したのは、日本料理とフランス料理を融合した新しい料理です。フレンチの技法を生かしながら、伝統的なバター、生クリーム、小麦は不使用で、和の食材や、昆布やシイタケの出汁等を生かした、新しい料理を提供します。
昨年春には初めて、フランスで馴染みのある豆を使った、日本にはない味噌を仕込むなど、今も精力的に、日仏融合した料理に取り組んでいます。
そんな彼が、荒木町の「フレンチ割烹 ドミニク・コルビ」「メゾン・ド・ミナミ フレンチ割烹 ドミニク・コルビ」を経て、今年、新たに店舗を新橋に構えました。
2019年2月12日にオープンした「フレンチ割烹 ドミニク・コルビ 新橋」は、カウンター8席、テーブル2卓。小さなレストランを舞台に、コルビ氏がお客様とふれあいながら、料理をカウンター越しに提供。ドリンクのメニューは、コルビ氏がセレクトしたシャンパーニュ、ワイン、日本酒、焼酎など各種取り揃えています。

ゲンセン霧島ディナー イベント
名称:ドミニク・コルビの「ゲンセン霧島」ディナー
期間:2019年3月1日~9日
場所:フレンチ割烹 ドミニク・コルビ 新橋
住所:港区新橋2-15-13エレガンス新橋ビル5F 新橋駅から徒歩5分
電話:03-6457-9934
予約:電話(03-6457-9934)もしくはメール([email protected])でのご連絡
価格:税・サ込10,800円(7品のおまかせコース料理)
※ドリンクは1杯税込864円~、料理に合わせたお酒のペアリングあり(4~5種 同5,400円)

「ゲンセン霧島」おまかせコース 料理メニュー
◇アミューズブッシュ 味噌の香りの鶏のムース、ささみの黒酢オリーブオイルマリネ、
紅はるかのピュレと紫水菜
◇前菜 霧島サーモンの低温調理、菜の花のピュレ、つぼみな、辛味大根、
ビタミン大根、ブロッコリー 豆乳マヨネーズ
◇スープ カボチャのスープ、キャベツとさつま黒酢ブリのコンフィ、芽キャベツ
◇茶碗蒸し 原木干し椎茸、ジャガイモ、小ネギ、大根、黒酢あん
◇お肉 黒豚のロティ 小ネギ、赤カブ、白カブ、小松菜、紅大根
◇大将の〆御飯 薩摩すもじ風炊き込み御飯、車エビ、人参のフリット、オリーブオイル
◇デセール 苺の黒酢シロップマリネ、抹茶のアイスクリーム
※当日の仕入れ状況によりメニュー内容に変更のある場合がございます





LINEで送る

関連記事

Top